受け継がせる相手がいないなら墓じまいをするのも一つの方法です

サイトマップ

墓

墓じまいをする世代が増えてきている

若い世代の方にとっては、お彼岸やお盆はただただ祝日になってうれしいと思っている方が多いのではないでしょうか。そんなお墓ばなれしている現状に少しでも待ったがかけられるように、墓じまいをする世代が増えてきています。ご先祖様から受け継がれ守り続けてきたお墓ですから、自分の代で止めるのも何だか気が引けますよね。そんな訳で、注目されているのがこの墓じまいなのです。
では、この墓じまいとは何なのか。簡単に言うとお墓の引っ越しです。しかし、お墓は簡単に動かす事などできません。多くの手続きを必要としますのでそれがまたお墓ばなれの原因であるとも言えましょう。では、墓じまい後の現状ですが、もっとも多いのは自分達の住む墓地に移送させる方法。これならお墓参りも苦ではありませんね。現代では納骨堂に納める方法もあります。
ロッカー式になっており室内で管理してくれるので掃除や劣化の心配がありません。合祀墓と言って、ひとつのお墓で集団供養してもらえる方法もあります。また、少数派では樹木葬や散骨、手元供養などもあります。いずれにせよ、あくまでもお墓の中で眠っている方が主役です。トラブルなく気持ち良くお墓参りができるよう慎重に検討される事をおすすめします。

墓じまいの手続きをしよう

我が家では田舎に残る父親兄弟は全て県外に出てしまい、当時代々墓を管理していた祖母が亡くなってしまいました。墓は山の中腹に位置しており、父親兄弟も足腰に不調を訴えるようになり、そこまで高くない山とはいえお墓参りに行くことが段々難しくなってきています。父親世代で今後の墓をどうするか定まらないまま、現在は生前贈与を受け自分が土地を譲り受けました。
私なりにお墓参りしやすいところまで墓を下ろす、墓じまいすることをするという2点を調べてみました。墓を移動させる際には、移動させる人の墓を一人一人手続きしなければならず、この手続きが大変だということがわかりました。
墓じまいは墓の一人一人を永代供養してもらい、墓でお坊さんにお経を唱えてもらい撤去というものでした。墓じまいの一切合切を請負う専門のサイトまであり、墓じまいの方が手続きが比較的簡単にできるようでした。
もう暫くのあいだ、父親兄弟が無理にでも墓参りできる間は問題が先送りになっていますが、今後自分には娘がひとりしかいないため、墓の管理を娘にお願いすることが困難だと思います。
その折には、悲しいことではありますが墓じまいを決断しなくてはいけない時が来ると思います。しかしながら、昨今の世の中では団塊の世代が田舎を捨て、少子化した現在少なからずこうした選択を迫られているところも、悲しいことですが多いように思えます。

墓じまいをすることも大事な役目の一つです

始まりがあるものには、必ず終わりがあります。お墓に関しても同じで、作ったからには撤去か必要になります。お墓は先祖代々受け継がれるものですが、後継者となる子孫がいなければ、お墓は荒れ果て無縁仏になってしまいます。そうならない為にも、正しいやり方で撤去、つまり墓じまいをする必要があります。
そこで、ここからは墓じまいの手順について紹介していきますが、今回はお墓を守っていくための後継者が完全にいない場合に絞ります。まず、決めなければならない事は、永代供養、散骨のどちらにするかです。どちらもお墓の永久処分となりますが、遺骨の処分をお寺や霊苑がやるのか、それとも自分で処理するのかの違いがあります。
次に、お寺や霊苑に永久処分の旨を伝える必要があります。お寺であれば檀家契約があるので、離檀するために離檀料が発生する場合があります。最後に暮石の撤去に関してですか、撤去時は後で問題にならない様に、お墓を建ててくれた業者に頼んだ方がいいでしょう。お墓を建てる事も大変ですが、墓じまいをする事は、それ以上に時間もかかるし、多大な費用もかかります。
お墓を守っていくことも後継者の大事な役目ですが、反対に墓じまいをする事も大事な役目です。お墓を守れないならば、放っておかずに正規の手順を踏んで返せば、ご先祖様もきっと納得してくれるはずです。

引き継ぐ者がいない墓の墓じまい

近年、少子化などに伴いお墓の後継者がいなくなったり、あるいは先祖代々のお墓が遠方で墓参りが困難、などの理由でお墓の移転や処分を望む人が増えています。この、様々な理由で現在のお墓を撤去することを「墓じまい」といいます。特に継承者が途絶えることによる場合は、きちんと墓じまいの手続きをしないとお墓はいずれ無縁墓として処分され、中の遺骨は合祀墓に入れられて他人のものとごちゃ混ぜにされます。 そうならないためにも、きちんと墓じまいをしておきたいものですが、一番大切なのは墓じまい後の遺骨の行先を決めておくことです。遺骨の行先には様々な選択肢がありますが、この場合後継者がいなくなることが理由ですので、その後の管理や維持費が不要なものを選ぶ必要があります。都会によくある納骨堂などはお墓並みの維持費がかかりますし、お墓を持たない手元供養は長年お墓の中にあった遺骨のカビなどが心配です。 後々の管理を考えると、菩提寺での永代供養がおすすめです。永代供養墓は、墓を子孫が継承せずに、親族に代わって寺院や霊園が将来にわたって供養してくれるものです。個別の墓石を購入する必要もなく、その後の管理費もかかりません。墓じまいにはしかるべき手続きが必要で、費用も時間もかかります。しかし、長年墓参りもされず、放置されて無縁仏という悲しいことになってしまう前に、大切な先祖の遺骨の行先をきちんと考えておきたいものです。


墓じまいを考えている方へ:墓じまい
後継ぎがいないなどの理由で墓じまいを考えている方もいるでしょう。そういった方はこちらをご覧ください。良心的な費用で、きちんとした墓じまいをしてくれるので、安心して墓をおさめることができますよ。

イチオシ記事

お花とお墓

もしもの時の墓じまいのことを考えよう

「墓じまい」という言葉を聞いて、びっくりされた方もいるのではないでしょうか。「墓じまい」とはその名の通り、お墓をしまう、撤去してしまうことなのです。年を取ってなかなかお墓参りに行けなくなった、他にお墓を守ってくれる人が誰もいない。でも、このまま放置してお墓が荒れ果てていくお墓を見るのはとても悲しいですよね。そんな時に、考えてほしいのが「墓じまい」という方法です。今…